アクセシビリティ診断について

  ホーム

アクセシビリティ診断とは

「ウェブアクセシビリティ・ガイドライン」日本工業規格化への対応はお済みですか?

 2004年6月20日、「ウェブアクセシビリティ・ガイドライン」 が日本工業規格:「JIS X 8341-3 ウェブコンテンツ」 として制定されました。この制定によって、特に公共性の強いサイトではアクセシビリティへの対応が必須となり、民間企業のサイトにおいても強く望まれるようになってきています。


 当サービスは現在お持ちのウェブサイトを対象に、アクセシビリティ診断に精通した専門スタッフが、お客様に代わってアクセシビリティ診断を行うものです。診断の結果、修正の必要な問題個所を記載した診断レポートを作成します。
また、診断後、ご要望に応じて問題となった箇所の修正、再診断といったサービスも行います。

診断内容・診断の流れ

(1)診断サービス
 アクセシビリティ・ガイドラインの中で最も重要であり、かつよく問題となる項目について、HTMLの構文をチェックします。診断の結果、修正の必要な問題個所を記載した診断レポートを作成します。
(※1)株式会社インフォ・クリエイツのウェブバリアフリー品質保証技術者に認定されたスタッフが診断を行い、診断を行った証として対象ページに認証印をつけることもできます。
(※1)認証印イメージ:認証印イメージ画像

ご注意:HTMLにて記述された静的なページが対象となります。CMSなどで生成される動的なページは、HTMLで書き出して頂きます。

診断はWAI Web Content Accessibility Guidelines 1.0、JIS規格(JIS X 8341-3)等に基づき作成された項目をチェックします。

診断項目について

診断サービスの流れ
  1. 当Webサイトからのお申し込み
    当サービスへのお申し込みは「診断お申し込み」のページでお願い致します。また、お問合わせ、ご相談などは「問合わせ」ページよりお願い致します。
  2. ご契約
    当研究会より契約書2通と返信用封筒を郵送させていただきます。契約の内容をご確認いただき、納得いただけましたら2通ともに社印を押印ください。その1通はお客様でお持ちいただき、もう1通は当研究会に郵送ください。当研究会にて契約書を確認した時点で契約完了となります。
  3. サイトヒアリング
    診断作業に必要な項目をヒアリングいたします。当研究会より対象のウェブサイトへのヒアリングシートをお送りし、そちらに必要事項をご記入いただく形になります。
  4. 診断作業
    当研究会専門スタッフがヒアリングシート内容をもとに調査・分析を行います。 調査・分析の結果をもとに、診断レポートを作成します。
  5. 結果レポート提出
    診断レポートは、PDF形式にて納品にします。基本的にはEメールでお送りする形になります。
  6. お支払い
    診断費用は銀行振込(全額前払い)となります。契約書に記載された内容で当研究会より請求書を発行します。指定の期日までに請求書に記載の銀行口座にお振込みください。

(2)アクセシビリティ対応改修サービス
 当研究会診断サービスを行っていただいたお客様のウェブサイトにおいて、問題となった箇所の修正及び再診断を行います。改修対象となるウェブサイトのHTMLデータを頂き、当研究会スタッフにて改修を行います。

診断料金

(1)診断サービス

プランA
トップページ及び、その次の階層(セカンドページ)までの各ページ診断
プランB
トップページ及び、その次の次の階層(サードページ)までの各ページの診断
プランC
サイト内の全ページの診断
ご注意 サイト内の全ページのHTMLデータをご提供いただきます。


診断対象ページ数 200ページまで 200〜500ページ 500〜1000ページ
プランA ¥210,000 ¥315,000 ¥420,000
プランB ¥262,500 ¥420,000 ¥525,000
プランC 別途お見積もり

(2)アクセシビリティ対応改修サービス

別途見積もり

お申込みはこちらから

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。右のボタンからダウンロードできます。 アクロバットリーダーダウンロードボタン

▲ページの先頭へ

    ホーム
このホームページで使用されている画像およびテキストを、無断で転載することを禁じます